【スタジオ利用者向け】靴の養生のお願い

フリーランスフォトグラファー大塚まゆみ(@mayumi_works)です。

フォトスタジオ利用者様へのご案内です。

スタジオリニューアルに伴い
靴を履いての撮影が可能になりました👏

753など一部の撮影では
以前から着用OKにしておりましたが全ての撮影において
着用OKになりました。

ですが、一応屋内となりますのでひと工夫をお願いします!!

靴裏に養生をお願い致します。

靴裏に養生!!!なんと聞き慣れない!
ということでそのやり方のご案内です!!

なぜ養生するのか?

そもそもなのですが、
なぜ靴の裏を養生するのかです。

靴は本来屋外で使用するために作られています。

そのため、
屋内で使用すると、たとえ新品であったとしても
ヒールマークと言って、靴のすり跡がついてしまうことがあります。

そのため、完全新品のソールが白のスニーカー以外は養生をお願い致します。

靴の養生のやり方

それでは養生のやり方のご紹介です。

これ以外のやり方も色々あるのですが、
撮影終わったら普通に履くと思うので
後々にも使いやすい方法です。

まあ要するに靴の裏にフェルトを貼って保護するやり方です。

準備するもの

必要なモノ

  • 靴底と同じ色のフェルト
  • ウエットティッシュ
  • 両面テープ
  • マスキングテープ
  • ハサミ

実際にやってみよう

靴底にフェルトを貼っていく手順のご案内です

step
1
靴底をウェットティッシュなどで拭いて乾燥させる



外で履いたことのある靴底は、土などでかなり汚れているのでウエットティッシュなどで汚れを拭く。
*一度洗っておいていただけると尚嬉しい。


水に弱い素材部分は、乾いた布などで汚れを取ってください。

step
2
マスキングテープを靴底に貼る

まずはマスキングテープを貼ります。

これでかなり元に戻しやすいです。*大事
少しはみ出るくらいにマスキングテープで埋め尽くしていきます。

この時、かかと側から貼っていきます。
歩いたり、動いたりした時に剥がれるのを防止するためです。

はみ出た部分は後からハサミでカットしてします。
ふちの方まで少し貼ります。

粘着は弱めですが、そう簡単には剥がれません。

step
3
フェルトをカットし、両面テープを貼る。


フェルトは靴底のサイズよりも一回り大きくカットしましょう。靴底だけでなく、角の部分までおおうと床に傷が付きにくいです!!

*ソールと同じ色のものを使うと自然に仕上がります!今回は分かりやすいように色付きのものにしました!

そうしたらふちに沿って両面テープを貼り付けておきます。真ん中にも貼って置くと安心かも。

step
4
フェルトを貼り付ける

さぁいよいよフェルトを貼り付けていきます。

角には切れ込みを入れながら、しっかりおおうようにして貼り付けていきます。

step
5
撮影が終わったらはがす

全ての撮影が終わったらマスキングテープごとペリりとはがします。気持ちいいくらい簡単にはがれます!!

靴がベタベタしたり、粘着が残ったりしません。ヨキ

という訳で以上が簡単に靴の養生のやり方でした。

自宅であらかじめ靴底にフェルトを貼って準備しておくと、
撮影当日スムーズです!

その他養生に使えるアイテム

①養生テープ

基本的には養生テープと言えばこちらですね。
手で切れるプラスチックタイプのテープで、お安いですしお手軽です。
*でも、緑は使わないかもね。

ダイヤテックス パイオランクロス 養生用テープ 緑 50mm×25m Y-09-GR [マスキングテープ]

半透明もあるよ。

ダイヤテックス パイオランテープ 塗装養生用 クリア 50mm×50m Y-09-CL

違和感の少ない黒い養生テープもあります。

古藤工業 Monf No.822 NEW快適養生粘着テープ ブラック 幅50mm×長さ25m [マスキングテープ]

一枚貼るだけでいいのでお手軽です。
でもちょっと滑りやすいので注意!!

②フェルトシート

滑り止めシート フェルトシート 大判サイズ 【5枚セット (30*21cm) 自由にカット可能】 フェルト 滑り止めテープ 滑り止めパッド 滑り止め シール 床マット フローリングシート 滑り止めシール 傷防止シート フェルトパッド 床保護シート ジョイントマット タイルカーペット ソファ イス テレビ などの 家具 保護シール 防音シート 防音 防振ゴム 【DRAL】

こちらはフェルトにテープがついてるタイプのものになります。
手に入りにくいのとちょっとお高いのですが、使いやすさはNO.1ですかね。

ガムテープはテープの端の粘着面が床についてしまったり、
剥がした後も靴の裏がベタベタしたりとデメリットが多いため、養生にガムテープを使用するのはおすすめしません

ぜひご自宅で準備してきていただけると助かります。

一応スタジオにも、必要なものは準備しておきますが、
靴が多い場合などは別途費用をいただくことになるかもしれません。

よろしくお願いします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

大塚まゆみ / フリーフォトグラファー

2014年より ママカメラマンとして流山・柏地域で活動を始め、2015年には写真スタジオPrivate Photo Garden Mをオープン。「とんがろう」を理念のもと、写真撮影、講座、イベント企画など勢力的に行う。 今はファッションフォトグラファーをメインに活動中。 年間撮影500組以上!!通算1万人以上の撮影経験有り〼 フリーカメラマン/ブランディング撮影/出張撮影/ロケーション撮影/写真教室/フォトレッスン/写真スタジオ運営/セミナー講師/流山/柏/松戸